ポジティブ思考になる方法について

ポジティブな人の脳にはある特徴があった

このエントリーをはてなブックマークに追加
最近までポジティブな性格なのかネガティブな性格なのは、ただ単にその人の性格の問題だと言われてきましたが、最近の研究で、ポジティブ思考な人とネガティブ思考な人の脳にはある違いがあることがわかりました。それは、ポジティブ思考な人は脳内の三大神経伝達物質と呼ばれている「セロトニン」、「ノルアドレナリン」、「ドーパミン」がバランスよく分泌されているのに対して、ネガティブ思考な人の脳内ではこれらの脳内物質の分泌量が少なく、その人の性格に大きな影響を与えていることがわかりました。これらの脳内物質を踏まえた上で、ポジティブなる方法についてお話をさせて頂きます。

脳内の神経伝達物質


脳内の三大神経伝達物質とは?


脳内の三大神経伝達物質と呼ばれている「セロトニン」、「ノルアドレナリン」、「ドーパミン」について、それぞれ簡単に説明をしたいと言われています。

セロトニンとは?

セロトニンは脳内で分泌量が増えると多幸感を感じることができることから幸せホルモンとも呼ばれています。セロトニンが脳内で増えると精神が安定し、ストレスを感じなくなります。セロトニンが不足するとうつ病になります。

ノルアドレナリンとは?

ノルアドレナリンは怒りのホルモンとも呼ばれていますが、過剰分泌されると怒りやすくなりますが、適度に分泌される分には意欲の増加につながります。また、記憶力を高める効果もあります。

ドーパミンとは?

ドーパミンは集中力とやる気を高める効果があります。長時間集中して何かに取り組める人はドーパミンの分泌量が非常に多いと言われています。また、分泌量が増えると快楽を感じることができる神経伝達物質でもあります。

脳内物質と性格や感情の関係について、さらによく理解をしてもらうために説明をすると、コカインは急激にドーパミンを増やし強い快楽をもたらす作用がありますし、うつ病の治療で使われる抗うつ薬はセロトニンとノルアドレナリンを増やし、気分の落ち込みを軽減させ、やる気を引き出す作用があります。このことからも脳内の三大神経伝達物質と思考(ポジティブ思考、ネガティブ思考)は、切っても切れない深い関係があることをご理解いただけるのではないかと思います。

スポンサーリンク


三大神経伝達物質の中で一番重要なのはセロトニン


三大神経伝達物質であるセロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンは、それぞれ重要な役割を担っていますが、この中で一番重要なのはセロトニンです。なぜなら、セロトニンはノルアドレナリンとドーパミンの暴走を抑え、適度な分泌量で収まるように調整をしてくれるからです。つまり、ノルアドレナリン、ドーパミンが過剰に分泌されている場合は、それらの分泌量を抑え、足りない場合はそれらの分泌を促してくる働きがあるのです。つまり、脳内のセロトニン濃度を高く保つことができれば、セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンがバランスよく分泌され、ポジティブな性格になれるのです。

尚、ノルアドレナリンとドーパミンは過剰分泌されるとハイになったり、強い快楽を感じてしまうなど、日常生活に悪影響を及ぼすと言われていますが、セロトニンに関しは多く分泌されても問題はありません。

どうやってセロトニンを増やす?


脳内のセロトニンを増やすことが、ポジティブになる方法であることは既にご理解頂けたと思いますが、このセロトニンはどうすれば増やすことができるのか?セロトニンを増やす方法はいくつかありますが、最もポピュラーな方法なのが、朝起きてから太陽の光を15分〜30分程度浴びることです。朝起きてから日光浴をすると、脳内でセロトニンがドバドバと分泌され、1日中ポジティブな気持ちで過ごすことができます。

太陽の光を浴びる


セロトニンを増やすならプロバイオティクスが一番効果あり


「朝の日光浴」は、セロトニンを増やす代表的な方法ですが、もっと効果があると言われているのが”プロバイオティクス”です。プロバイオティクスとは、腸内に生息している乳酸菌やビフィズス菌のなどの人体に良い影響を与えてくれる腸内細菌(善玉菌)のことです。これらの腸内細菌(善玉菌)を増やすことで、脳内のセロトニン濃度を高めることができます。その理由は、腸内細菌(善玉菌)がセロトニンの前駆物質である5HTPを脳に運ぶ役割を担っているからです。

腸内の善玉菌


プロバイオティクスの影響で脳内のセロトニンが増え、ポジティブになれた方はたくさんいらっしゃいます。プロバイオティクスとセロトニンのについてもっと詳しく知りたい方合は、以下のリンクから解説ページへお進みください。

⇒プロバイオティクスの解説ページはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク